×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レスポートサック☆バッグの紹介情報!

レスポートサック☆バッグの紹介

カテゴリー :レスポートサック バッグ

日本では「レスポ」の愛称で親しまれているレスポートサック(LeSportsac)は、1974年、ニューヨークで誕生しました。

レスポートサック<は、パラシュートクロスを使用した軽くて丈夫なバッグで、値段もお手ごろ価格です。
収納力もあり、機能性に優れていて何より軽いので持ち運びに便利!
レスポートサックのバッグには小さなポーチがついているものが多く、
ユーザーにとってはありがたい心遣いですね。

レスポートサックのラインナップは、小さなポーチ、コインケースなどから大型のガーメントバッグまでアイテムは豊富。
レスポートサックならではの、豊富なバリエーションで、用途、目的、男女、年齢を問わず、色々な状況にあわせて選ぶことができるので嬉しいですね。

バッグの中に必需品のポーチやキーケースなど、レスポートサックでトータルコーディネートすると楽しいかも!
レスポートサックのバッグには、ポケットや仕切がたくさんあり、
マチも多いので中身をすっきり収めることが出来ます。
また、素材が軽くて丈夫なので、重い荷物も軽々運べます。

私が旅行をするとき、国内外問わず、レスポートサックのバッグを必ず持って行きます。
バッグに収納用の袋がミニバッグが付いているので、かなり便利!

コラム > レスポートサック☆バッグの紹介について書かれています。

レスポートサック☆バッグを検索

カテゴリー :レスポートサック バッグ

先日、ネットでレスポートサックバッグを色々と検索していると、色々な種類のバッグがあって見ていて飽きません。
今回、欲しいと思ったバッグをちょっと紹介してみましょう。

ゴーゴーネイビー アクセサリーポーチ。
カラフルなハート柄がとってもキュート!
このサイズの<バッグは、リップや携帯など身の回りのものを詰め込んで
お出かけするのにとても便利!

サイズは・・・
約横23cm×縦11cm×幅9cm
ショルダー長さ:最長45cm

素材・・・
ナイロン仕様

開閉種別:ファスナー
内部様式:ファスナーポケット×1

レスポートサック ショルダーバック ニコラ
レスポートサックらしのカラフルでファッショナブルなデザイン。
ショルダーベルトの伸縮長さも充実した、機能的なバック。
ニコラのサイズ・・・
約横28cm×縦19cm×幅8cm
ショルダー長さ:約60〜120cm
素材・・・
ナイロン仕様

開閉種別:ファスナー
内部様式:オープンポケット×1
外部様式:ファスナーポケット×2


レスポートサックのバッグは色々な大きさのものがラインでそろっているので、用途に合わせて選んで使えるのが嬉しいです。
しかも、収納力、防水、強度、デザイン、全てがそろっていて、
雨の日でも安心です。
ポケットが多いのも使いやすさのひとつですね!
いろいろ見ているうちに全部欲しくなっちゃいます。
それくらいデザインがかわいいレスポートサックのバッグたちです。

コラム > レスポートサック☆バッグを検索について書かれています。

レスポートサック☆トキドキのイメージ

カテゴリー :レスポートサック トキドキ

レスポートサックの「トキドキ」というブランドはSimone Legno(シモーヌ・レグノ)さんというイタリアのアーティストが、ウェブで公開していたグラフィックアートがもとだそうです。
ちなみにそのグラフィックアートの原型は意外にも日本のアニメなんですって。
日本のアニメ文化の影響力のすごさを垣間見ました。

シモーヌさんのデザインが気に入ったHARD CANDYの創立者が
ロスで共同でおこしたのがtokidoki(トキドキ)ブランド。

さらにそのシモーヌさんがレスポートサックとコラボレーションしたのが、tokidoki for LeSportsac トキドキシリーズです。

レスポートサックのデザインはもともとがすばらしいものばかりですが、シモーヌさんのデザインは、よりポップ。
かわいいキャラクターのキーホルダーとか素敵なファスナーとか
見ているだけで楽しくなってしまいます。
2005年春に発売して以来、、全米、ヨーロッパ、日本で記録的な売り上げだそうです。

tokidoki→トキドキシリーズのトキドキは、日本語の「時々」からきた言葉なのだそうです。

『 いつか訪れると期待している人生の転機
そのきっかけとなるもの希望
誰もが内に秘めたエネルギー』

これらをイメージしたデザインだそうです。

意味を知るといっそう持っていて元気になれるトキドキシリーズですね!

コラム > レスポートサック☆トキドキのイメージについて書かれています。